FC2ブログ
まあ、タイトル通りですw
しかしひっでぇ映画だ(苦笑)。

追記からよろしくどうぞ。



あの変な猫型のボディースーツの女が脱いだ後も、
次から次へとおかしな女が現れ、
へんてこな踊りを披露し、そして・・・・・
脱いだ。
設定は違えど似たような事ばかりする女性達に、
桜も小狼も疲れてしまっていた。
(この人達、何が楽しいのかなあ?)
(理解に苦しむ映画だ。
もういい加減にしてくれ・・・・・・・・)

だが、最後の最後になって、
あの怪しい黒尽くめの女が、
流石に着衣のままではあった一方、
刃物を持って踊り出し、
さらには若い女性にその刃物を突きつけた場面で、
桜は忘れたはずの恐怖心を取り戻してしまった。
(うわあ・・・・・・
どうしよう・・・・・・・・・)
だが、その後若い男が倒されたシーンの直後、
唐突に太陽が高い所に昇ってきた。
これに対し小狼はこの映画を観て何度目かのあきれた表情をした。
(そんなに急に日が高くなるのか!?)
その太陽の光を浴びた結果、怪しい女はその場に倒れ、
やがてすぐに白骨と化してしまった。
さらには狼男もミイラ男も、
そして怪しすぎる男すらも、皆彼女同様白骨化してしまった。
その後、若い男と女が救急車に運ばれ、
もう一度胡散臭いオッサンが締めの言葉を告げて、
「死霊の盆踊り」はエンドマークを迎えたのだった。

「死霊の盆踊り」を見終えた桜の心中は、
かなり複雑であった。
「結局この映画、
怖かったような変だったような・・・・・・・・・」
そして、小狼の方を向いた。
「ねえ小狼君、
これ怖い映画だったの?
それとも裸の女の人が踊る映画だったの??」
その質問に、小狼は半ば投げやり気味に答えた。
「俺に訊くな。
俺の仕事仲間の田倉とか言うバカにでも訊け」
「ほえ?田倉さん!?」
聞き覚えのない名前が彼の口から出てきた事に、桜は驚いた。
「ああ、桜は流石に知らないよな田倉の事は。
あれはうちの会社の山口出張所に勤めている奴だ。
俺が先日広島と山口に出張したとき、
山口でずいぶん世話になったが、
俺が出張を終えてここに戻るとき、
あいつDVDを貸してくれたのは良かったんだが・・・・・・・・・」
小狼はその田倉とか言う男の事を桜に話した。
そしてやや話にためを張った後、こう吐き捨てたのだった。
「それが今観たひどい映画だった、という訳だ。
あの野郎『まぁ騙されたと思ってみてつかあさい』なんて抜かしてたけど
すっかり騙されたわ!!」
完全に小狼は頭にきていたのだった。
「今度山口に行くような事があったり、
奴が本社に出張に着るような事があったら、
このDVD突っ返してやるわ!!
全く・・・・・・・・・・
あ、桜もあまりのひどさに頭にきていた、と伝えておくからな、
田倉の奴に!!」
彼の最後の一言に、桜は苦笑いを浮かべたのだった。
(別に頭にはきてないんだけどな・・・・・・
でも変な映画だった事は確かだよね)

その後、桜と小狼が「死霊の盆踊り」を観る事は
一度もなかったそうである・・・・・・・・

※あとがき
いつもの事ながら、本当に手こずりました。
何しろ某p○xi○向けに他作品の二次書いてまして、
それとの並行作業になっちゃってますからねえ・・・・・・・・・・・
ま、何とかエンドマークは出せましたね。

ところでこれを執筆するために「死霊の盆踊り」の「現物」見たのですが・・・・・・・・

ひどかったですね。
正直某○コ○コ動画にうpされていた「ダイジェスト版」でも結構しんどいものがあります。
はっきり言って仮に見るとしたら「ダイジェスト版」で止めた方がいいです。
フルで見たらもう精神壊れます、おそらく。

とはいえ、
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する