FC2ブログ
まあ、タイトル通りですw
久々かも知れない夏の特別(?)企画。

追記からどうぞ。
なお、「カードキャプターさくら」とそれ以外の作品とのクロスオーバー作品ですので、
そう言ったものが苦手な方はご遠慮下さい。



「あのおばあちゃんかわいそうだったねえ」
「身寄りがなかったと言うからなあ・・・・・・・」
木之本桜と李小狼は、近所に住んでいた老婆の通夜・葬式の準備の手伝いに来ていた。
そして、これまた近所に住んでいるこの親子もまた、お手伝いに来ていた。
「パパ、あのおばあちゃん暑さで死んじゃったらしいよ」
「全く気の毒な話なのだ。
だがバカボン、葬式屋さんがまだ来ないのだ」
バカボンパパが葬儀屋の心配をしていた矢先、
どこからかけたたましいまでものブレーキ音と激しい衝突音が響いてきたのだった。
キキキキキキキー!
グワチャーン!!!!!!!!!!

「あれ?パパ、外からすごい音がしたよ?」
「バカボン、行ってみるのだ」
バカボンとバカボンパパは、慌てて外へ出た。
「ほえ?バカボンくんとお父さんどうしちゃったんだろ?」
「俺達も行ってみよう桜。
すいませんちょっと様子見てきます」
桜と小狼もまた、外へ出たのだった。

4人が外に出てみると、
電信柱にライトバンが激突しており、
しかもぶつかっていたフロントの部分は完全に変形していた。
そのライトバンから、葬儀屋の社長である飛王が、
ボロボロの姿で出て来たのだった。
「すまん、セレモニー飛王の者だ。
葬儀屋を呼んでもらえぬか・・・・・・・・・・・」
そう言うと彼は、その場に倒れ込んでしまった。

「パパぁ、どうしよう」
「交通事故だからお巡りさんを呼ぶのだ」
「念のため、お医者様も呼んだ方がいいんじゃないですか?」
「小狼くんの言う通りだと思います」
「それもそうなのだ。
バカボン、お医者さんを連れて来なさい」
「わかった。
じゃお医者さん探してくるね」
「おーまわーりさーん!!」
斯くしてバカボンは医者を、バカボンパパは警官を探すために、
その場を離れたのだった。
そして、現場には桜と小狼が残ったのだった。
「葬儀屋さんが葬儀屋さんを頼むなんて・・・・・・・・・・・」
「シャレにならないよな・・・・・・・・・・。
これじゃこっちはこっちでまた葬儀屋の手配し直しか・・・・・・・・・・・・」 
溜息をつきつつ、ふたりは声を合わせてこう言ったのだった。
「「ダメだこりゃ」」
♪ドーエドーエドーエ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する